pythonインストール後に簡単なコマンドを入力する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日はpythonのインストールをwindowsに行いました。本日は簡単な動作確認をしてみましょう。ウインドウズスタートよりIDLE(python)を実行します。pythonのshellウインドウが表示されます。コマンドプロンプトやPowerShellにてpythonと入力してもOKです。


それではなにかコマンドを入力してみましょう。

print("こんにちは")

print関数を使用して文字列を出力する例です。ダブルクォーテーションはシングルクォーテーションでもOKです。コマンドプロンプトでも確認します。exit()と入力してエンターキーでモードから抜けることができます。


次に足し算や掛け算をやってみます。
動画を用意しておきましたのでご参照ください。
すぐに結果がでます。
最後にあらかじめファイルが用意されている場合の動作を確認します。
エディタやメモ帳で先ほどのコマンドを入力しておきます。
ファイルの拡張子は.pyです。
例としてcドライブ直下にtestというフォルダを作成し、そこにtest.pyと名前を付けて保存します。コマンドプロンプトにて以下のコマンドを入力します。

python ファイル名(ファイル場所を含めて入力)
python c:\test\test.py

コメント

タイトルとURLをコピーしました