Alibaba Cloud(アリババクラウド)で学習しよう

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アリババクラウドのフリートライアルが開催中なのでこの機にやってみます。


私は個人なので、450ドル相当の無料トライアルを選択し、登録を済ませました。
SBクラウドからメールを受信し、国際サイトのアカウントへ移行するということがきっかけで無料トライアルを知りました。
今回はElastic Compute Serviceの紹介をいたします。ほかのクラウドでいう仮想マシンです。12か月間無料で使用することができます。作成方法ですがCPU、メモリは決まっているのでOSとリージョンを選択するだけです。CentOSを選択して作成しました。

ここからは、このインスタンスへの接続をします。
まずは、インスタンスのページでVNCをクリックします。

接続とコマンドのウインドウが表示されます。リモートコマンドの送信であるCloud assistantが推奨されてますが、それは今度試すとして今回はそのままVNC接続をします。するとVNCパスワードの入力画面が表示されます。

パスワードはまだ作成していないので、管理端末のパスワード変更をクリックしてパスワードを決めておきます。

この作成したパスワードを入力して進むと、コマンド入力をする黒い画面が表示されます。
ここでもユーザー名とパスワードを入力しますが、まだ分かっていません。
インスタンスの詳細ページでパスワードのリセットをすることで設定することができます。

ユーザー名はrootと決まっているので、パスワードを設定します。このパスワードは先に述べたVNCのパスワードとは違います。


その後、再起動が自動でおこなわれます。
再度、VNC接続をして、ユーザーにrootと入力し、パスワードを入力します。
この操作で普段見慣れたコマンド入力の画面になり、他のクラウドサービスと同等の作業をおこなうことができるようになります。


コメント

タイトルとURLをコピーしました