Linuxでパーティションの操作をします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Linuxでディスクの結合を行います。
VMwareで作成した仮想マシンでディスクの容量を拡張したあとで実際のOSにおいても操作する必要があります。次のメッセージが表示されこのままでは使用できません。

「ディスクは正常に拡張されました。ディスクを再分配して、ファイルシステムをゲスト オペレティングシステムの内から展開する必要があります。」

実際のPCでもこの方法は有用です。
今回はXubuntuがOSですが他の種類でも大丈夫です。
まずは、ストアで「GParted」というパーティション操作が視覚的に確認できるアプリをインストールします。コマンドでは困難な場合に助かります。

この例は、20GBを60GBに拡張したあとで、未割当の40GBを初期の20GBに結合して60GBにするものです。GPartedでパーティションが最初の20GBのところで右クリックして「リサイズ/移動」を選択してドラッグしてサイズを指定するか、数値を記入してリサイズボタンをクリックします。

20GBだった表示が60GBになります。この時点でまだファイルシステムがext4のところが20GBのままなので、同様にして操作をします。

最後に保留状態のこれらの状態を適用ボタンで確定します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました