Drupal9でPHP APCU CACHINGが無効になっていたので有効にします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日導入したDrupal9でサイトの状態を見ると、PHP APCU キャッシングが無効になっているので有効にして、少しでも高速化を目指します。


それには、phpの拡張機能の追加が必要なので、linux(RHEL8)でこの機能をインストールします。インストール後はphp-fpmを再起動します。

sudo dnf install php-pecl-apcu
sudo systemctl restart php-fpm

ブラウザで状態を再度確認すると、有効になりました。

今度は、アップロード進捗状況が無効になっています。PECLはファイルをアップロードしている時に進行状況を表示できるライブラリのようです。PECLアップロードプログレスライブラリのリンクをクリックして内容をみると、この拡張機能はPHP8でも機能します。ただし、WebサーバーがApache httpd web server with mod_phpの時、使用することができるみたいです。このDrupal9が動作するwebサーバーはNGINXなので設定は不要のようです。さらにphp-fpmもサポート対象外です。

次は、信頼のおけるホストの設定が無効となっており、エラー扱いになっており修正した方がよさそうです。

「settings.phpのtrusted_host_patternsが設定されていません。セキュリティ面で脆弱となる恐れがあるため、設定することを強くおすすめします。」とのことで、対処方法が見れるリンクがあるので見てみます。
信頼できるホストのセキュリティ設定をする方法が記述されていたので、それを行います。
「settings.php」に次の内容を記述します。
このファイルはFTPクライアントを使用する方法などがありますが、先ほどと同様にSSH接続して編集します。
ただし、このファイルは読み取り専用になっているので書き込み権限を付与して編集します。このファイルはブラウザでDrupal9にアクセスすると、自動で読み取り専用に戻るので、自分で戻す必要はありません。

$settings['trusted_host_patterns'] = [
  '^showa\.xyz$',
];

この内容は、「settings.php」の一番下に記述したらエラーはなくなりました。

タイトルとURLをコピーしました