PortQryという便利なツールを使用してポート開放状態を確認します

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PortQryとはポートスキャンが可能なMicrosoft が提供するフリーツールです。
WEB検索すれば見つかります。開放状態を確認させてくれるサイトもありますし、またTELNETコマンドで確認もできます。ただしTCPにしか対応しておらず、UDPの確認をしたいならPortQryがおすすめとなります。
コマンドプロンプトを起動します。コマンドの例を下記に示します。
まずはツールが存在するフォルダに移動します。そしてコマンドを入力します。IPアドレスの所を変更することさえ覚えておけば事足りると思います。

cd C:\Users\minok\OneDrive - ja\PortQryV2
portqry -n 132.145.170.16 -p tcp -e 443

tcpをudpに変えればUDPポートの確認ができます。

次にGUI版もあるので紹介いたします。
下記のサイトからダウンロードできます。
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=24009

ダウンロードしたファイルを解凍すると数ファイルありますが、portqueryui.exeを実行しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました