LinuxでGoogleDriveを利用する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本日はLinuxでGoogleDriveを利用できるようにします。
Linuxの種類はUbuntuです。
windowsと違い同期ではなくマウントになります。Windowsでいうネットワークドライブの割り当てです。それゆえ自分のパソコンのハードディスクの容量を圧迫することはありません。
それでは作業を進めていきましょう。
端末で次のコマンドを順に入力していきます。

sudo add-apt-repository ppa:alessandro-strada/ppa
sudo apt-get update
sudo apt-get install google-drive-ocamlfuse

処理が完了したら次のコマンドを入力します。

google-drive-ocamlfuse

このコマンドによりブラウザが開きGoogleにログインする画面が表示されるのでID、パスワードを入力していきます。GDFUSEがアクセス権限をリクエストしたら許可します。

次にGoogleDriveの内容を観覧するフォルダを作成します。この例はホームにgdriveというフォルダを作成しました。

端末に戻りマウントするコマンドを入力します。

google-drive-ocamlfuse gdrive

先ほど作成したフォルダの内容を確認してみましょう。
自分のGoogleDriveの内容が表示されているはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました