centos nginx環境下にdulpalをインストール

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Drupalのインストールから設定までを記述いたします。
nginx、MariaDB、php、php-fpmがインストールおよび設定がなされているものとします。


Drupalを下記の公式からダウンロードします。
https://www.drupal.org/download
「download.tar.gz」を右クリックしリンクをコピーします。

wget コピーしたリンク(今回はhttps://www.drupal.org/download-latest/tar.gzだった)にてダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを解凍します。
tar zxvf tar.gz
drupal-8.8.2というディレクトリが作成されその中にファイル、ディレクトリが作成される。
ダウンロードしたファイルはいらないので削除します。
rm tar.gz
drupal-8.8.2をdrupalと名前変更します。
mv drupal-8.8.2 drupal
デフォルトでは公開ディレクトリが/usr/share/nginx/html/になっているが、/var/www/にdrupalというフォルダごと移動します。
理由は、Unix、Linuxのディレクトリ構成の規約を纏めているFHS3.0で明示されているからです。
mv drupal /var/www/
移動先に行く。
cd /var/www/
このファイル、ディレクトリの所有権をnginxにし実行できるようにします。
chown -R nginx:nginx drupal

drupalの仕様で作業することがあります。
サイトのファイルを保存するディレクトリを作成する。
mkdir /var/www/drupal/sites/default/files
mkdir /var/www/drupal/sites/default/files/translations
このディレクトリにもnginxが実行できるようにしておいてください。
default.settings.phpというファイルがあるので使用できるようにコピーかつ名前変更する。
cp /var/www/drupal/sites/default/default.settings.php /var/www/drupal/sites/default/settings.php

Drupalのphp-fpm構成ファイルの設定を行います。/etc/php-fpm.d/にあるwww.confを修正します。
cd /etc/php-fpm.d
vi www.conf
ファイルの中身は下記のようにします。
初期値はuser、groupがapache、listen.owner、listen.groupがnobodyになっていた。
listen=にてsockファイルを指定します。
最初はないが起動、再起動で作成されます。


あとはコメント扱いを外します。
上書き保存をしたら再起動します。
systemctl restart php-fpm

user = nginx
group = nginx
listen = /var/run/php-fpm/php-fpm.sock
listen.owner = nginx
listen.group = nginx
pm = ondemand
pm.max_children =  50
pm.process_idle_timeout = 10s
pm.max_requests = 500

さらに、DrupalのNginx仮想ホスト構成ファイルを/etc/nginx/conf.dに作成します。
cd /etc/nginx/conf.d
vi drupal.conf
保存をしたら再起動します。
systemctl restart nginx

server {
    server_name minokamo.work;
    root /var/www/drupal; ## <-- Your only path reference.

    location = /favicon.ico {
        log_not_found off;
        access_log off;
    }

    location = /robots.txt {
        allow all;
        log_not_found off;
        access_log off;
    }

    # Very rarely should these ever be accessed outside of your lan
    location ~* \.(txt|log)$ {
        allow 192.168.0.0/16;
        deny all;
    }

    location ~ \..*/.*\.php$ {
        return 403;
    }

    location ~ ^/sites/.*/private/ {
        return 403;
    }

    # Block access to scripts in site files directory
    location ~ ^/sites/[^/]+/files/.*\.php$ {
        deny all;
    }

    # Allow "Well-Known URIs" as per RFC 5785
    location ~* ^/.well-known/ {
        allow all;
    }

    # Block access to "hidden" files and directories whose names begin with a
    # period. This includes directories used by version control systems such
    # as Subversion or Git to store control files.
    location ~ (^|/)\. {
        return 403;
    }

    location / {
        # try_files $uri @rewrite; # For Drupal <= 6
        try_files $uri /index.php?$query_string; # For Drupal >= 7
    }

    location @rewrite {
        rewrite ^/(.*)$ /index.php?q=$1;
    }

    # Don't allow direct access to PHP files in the vendor directory.
    location ~ /vendor/.*\.php$ {
        deny all;
        return 404;
    }

    # In Drupal 8, we must also match new paths where the '.php' appears in
    # the middle, such as update.php/selection. The rule we use is strict,
    # and only allows this pattern with the update.php front controller.
    # This allows legacy path aliases in the form of
    # blog/index.php/legacy-path to continue to route to Drupal nodes. If
    # you do not have any paths like that, then you might prefer to use a
    # laxer rule, such as:
    #   location ~ \.php(/|$) {
    # The laxer rule will continue to work if Drupal uses this new URL
    # pattern with front controllers other than update.php in a future
    # release.
    location ~ '\.php$|^/update.php' {
        # Ensure the php file exists. Mitigates CVE-2019-11043
        try_files $uri =404;
        fastcgi_split_path_info ^(.+?\.php)(|/.*)$;
        # Security note: If you're running a version of PHP older than the
        # latest 5.3, you should have "cgi.fix_pathinfo = 0;" in php.ini.
        # See http://serverfault.com/q/627903/94922 for details.
        include fastcgi_params;
        # Block httpoxy attacks. See https://httpoxy.org/.
        fastcgi_param HTTP_PROXY "";
        fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
        fastcgi_param PATH_INFO $fastcgi_path_info;
        fastcgi_param QUERY_STRING $query_string;
        fastcgi_intercept_errors on;
        # PHP 5 socket location.
        #fastcgi_pass unix:/var/run/php5-fpm.sock;
        # PHP 7 socket location.
        fastcgi_pass unix:/var/run/php-fpm/php-fpm.sock;
    }

    # Fighting with Styles? This little gem is amazing.
    # location ~ ^/sites/.*/files/imagecache/ { # For Drupal <= 6
    location ~ ^/sites/.*/files/styles/ { # For Drupal >= 7
        try_files $uri @rewrite;
    }

    # Handle private files through Drupal. Private file's path can come
    # with a language prefix.
    location ~ ^(/[a-z\-]+)?/system/files/ { # For Drupal >= 7
        try_files $uri /index.php?$query_string;
    }

    location ~* \.(js|css|png|jpg|jpeg|gif|ico|svg)$ {
        try_files $uri @rewrite;
        expires max;
        log_not_found off;
    }
    # Enforce clean URLs
    # Removes index.php from urls like www.example.com/index.php/my-page --> www.example.com/my-page
    # Could be done with 301 for permanent or other redirect codes.
    if ($request_uri ~* "^(.*/)index\.php(.*)") {
        return 307 $1$2;
    }
}

うまくいかない場合はdefault.confに記述する。
実際にアクセスしてみました。


エラー表示多数であるがdrupalは表示されました。
これはphpのバージョンが7.4だと表示されるので7.2にダウングレードすれば改善するらしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました