Drupalの運用に必要なComposer、drushをインストール

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Drupalを運用する上でdrushコマンドが必要になってきます。
csvファイルのインポートやエクスポートツールが必要になったのでブラウザからできると思ったらそうではなかった。
ワードプレスみたいにブラウザでできないみたいです。
さらに、それをインストールしようとしたらComposerが必要だとわかったので記事にしたいと思います。
https://getcomposer.org/download/
に記載してある通り進めていきます。

php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
php -r "if (hash_file('sha384', 'composer-setup.php') === 'e0012edf3e80b6978849f5eff0d4b4e4c79ff1609dd1e613307e16318854d24ae64f26d17af3ef0bf7cfb710ca74755a') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
php composer-setup.php
php -r "unlink('composer-setup.php');"

上記の4行は順番に
インストーラーを現在のディレクトリにダウンロードします
インストーラーSHA-384を検証します。これもここでクロスチェックできます
インストーラーを実行する
インストーラーを削除する

lsにて確認します。
composer.pharが作成されてます。

このファイルが今は私の場合tmpという作業フォルダにあるのでわかりやすいところに移動します。
mv composer.phar /var/www
対象ファイルがある場所に行く。
cd /var/www
コマンドを打ってみる。composerのバージョンや詳細を確認することができます。
php composer.phar

ただし、このコマンドはcomposer.pharがあるディレクトリでしか使えません。
php /var/www/composer.phar
これでは不便なので.bash_profileに追記する。
vi .bash_profile
alias composer=’php /var/www/composer.phar’
保存します。
.bash_profileの内容を反映させます。
source .bash_profile
これでどこのフォルダにいても使用可能になりました。パスを通すといいます。
さらに本来php composer.pharと入力するところをcomposerだけで済ませることができるようになりました。
UNIX系は苦手だがMS-DOSの知識が役に立った。(メモ:.bash_profile、autoexec.bat、config.sys)
composerの環境を確認する。

composer global config --list

composerのインストールが完了したらdrushのインストールを始めます。
https://docs.drush.org/en/master/install/
の記載に従って進めます。


composer require drush/drush
なにやしらダウンロードが始まります。
このコマンドを実行したディレクトリにダウンロードされます。
前述のように .bash_profile に下記を追記する。
.bash_profileの内容を反映させます。
source .bash_profile
コマンドを試してみる。

drush --version

うまく表示されれば成功です。
慣れるまで大変そうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました