WindowsMEをインストールします

スポンサーリンク
スポンサーリンク

VMwareを使用してWindowsMEをインストールします。やり方は実機へのインストールと基本は変わりません。それでは作業をおこなっていきましょう。

新規仮想マシン作成ウィザードから始めます。ゲストOSのインストールではインストーラディスクイメージを選択してCDをISOイメージにしたファイルを読み込んできます。

そしてウィザードが最後になったらハードウェアのカスタマイズをします。

デバイスの追加からフロッピードライブを追加しておきます。これはCDからブートすることができないのが理由です。


さらに、このPCには物理FDドライブが存在しないので、フロッピイメージファイルを使用することにして、そのファイルを読み込んできます。このイメージファイルの作成方法ですが実際のフロッピーディスクの内容をイメージファイルにすることができるソフトを利用して作成しました。イメージにする前にCDを認識するドライバをconfig.sys、autoexec.batに記述しておく必要があります。これが困難な場合は汎用FDのイメージファイルをウェブ検索してダウンロードできるかもしれません。

これでウィザードは完了しました。

次に仮想マシンをパワーオンします。フロッピーディスクから起動してCDがドライブRとして認識されております。RドライブがCDドライブなのでRドライブに切り替えます。

cd、dirコマンドを駆使してsetup.exeがあるフォルダに確認しながら移動します。setupとコマンドを入力してENTERキーを押します。

エラーが発生しました。
if you have NPFS or NTFS installed on your hard drive,
you will need to create an MS-DOS boot partition to set up Windows.

VMwareのウィザードである仮想ディスクの作成でフォーマット形式がNTFSで作成されたと思われます。Windows95,98などはフォーマット形式はFAT、FAT32でないといけません。
そこでAドライブのフロッピーディスクに戻り、FDISKコマンドで一度このパーティションを削除します。

削除後にformatコマンドを入力したらエラーが発生しました。
Invalid drive specification

Fdiskのあとは再起動が必要でした。
再起動後はフォーマットもできるようになり、先に述べた手順でsetupを実行します。

スキャンディスク後にインストールが始まりました。

しかし、セットアップが完了しても解像度が小さく変更することができません。

マウスの動きもぎこちないのでvmware toolsをインストールします。しかしエラーが発生しました。

エラー内容
ファイルには新しいバージョンのWindowsが必要です。Windowsをアップグレードしてください。

調べてみると過去のバージョンのvmware toolsが必要だとわかりました。winPre2k.isoがWindows2000より前のバージョンをサポートするとのことです。さっそく仮想CDにセットしてインストールします。

再起動後は解像度の変更もでき、マウスの動きもよくなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました