VMwareをLinux(Ubuntu)にインストールします

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本日はVMwareをLinuxにインストールします。
理由はクラウドサービスにLinuxの仮想マシンを構築して、そこにVMwareをインストールしWindowsを起動するのが目的だからです。Windows10の新規インストールはいまのところAzureにしかなく、GCP、OCI、AWSでは特殊な方法でしかWindows10を構築できません。
以前、GCP、AWSにWindows10を構築する方法を記事にしましたので参照ください。

それではやっていきましょう。
まずはLinux版のVMwareを下記のサイトからダウンロードします。
https://www.vmware.com/jp.html
今回はWorkstation Proをダウンロードしますが、登録しないとダウンロードできませんので未登録のかたはこの機会にやっておくとよいと思います。

ダウンロードが完了したら端末(terminal)にてファイルがあるフォルダに移動します。

cd Downloads

ファイルが確認できたら下記のコマンドを入力します。

sudo sh ファイル名

しばらく時間がかかります。
VMwareのアイコンが追加されるので開きます。ここでエラーが発生しました。

GCC(GNU C Compiler)が無いということなので、一度キャンセルして次のコマンドで対処します。

sudo apt-get install g++

先ほどのエラーはでず、インストールボタンをクリックしたらまたエラーが発生しました。

Build environment error! A required application is missing and modconfig cannot continue. xzCheck the log for more details.

原因を調べた結果、コンパイル関連のmakeが無いことが判明したので対処します。

sudo apt-get install make

VMwareのアイコンを再度開くと今度はうまくいきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました