ドライブファイルストリームで快適なデータ保管

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本日はgoogleのG Suiteで利用できるドライブファイルストリームを紹介いたします。
ストレージにはGoogleDrive、OneDrive、DropBOXなどがありますが大量のデータを同期すると自分のPCの空き容量に支障が出てきます。ただし、同期したくないフォルダなどを設定して回避することはできます。
紹介するドライブファイルストリームを利用すると名前の通りストレージを自分のパソコンのドライブとして割り当てることができます。ネットワークの割り当てというWindowsにある機能です。

この機能を利用するにはG Suiteにログインする必要があり、優れた有料のコンテンツが多数あります。興味がある方は最初にサインアップしておきましょう。
それではやってみましょう。ログインすると最初に管理コンソールの画面になると思います。アプリというアイコンがありますのでクリックします。

次の画面にて「ドライブとドキュメント」がオンになっていることを確認します。


Web検索でドライブファイルストリームと検索すれば、ツールをダウンロードするページが見つかりますのでダウンロードしてインストールしましょう。

インストール後はG Suiteのアカウントでログインします。私の場合、Gドライブがドライブファイルストリームに割り当てられましたが、設定で変更はできます。
ビジネスプラン以上で容量無制限です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました