PC-DOS(MS-DOS)でCDを認識させます。

スポンサーリンク

VirtualBoxにインストールしたPC-DOSでCDが使えるようにします。
これには2つのファイルが必要です。OAKCDROM.SYSとMSCDEX.EXEですが後者はPC-DOSにもありました。ウェブ検索するとダウンロードできますが、起動可能なWindows MEがあったのでそこから抽出します。この2つのファイルはそれぞれ下記のフォルダにあります。

windowsフォルダのcommandというフォルダの中に「MSCDEX.EXE」が、commandのさらに下の階層のEBDというフォルダに「OAKCDROM.SYS」があります。

これらのファイルをコピーして保存し、PC-DOSの任意のディレクトリに保存します。

次にCONFIG.SYSに下記の内容を記述します。デバイス名はCD001にしました。

DEVICEHIGH=C:\DRIVERS\OAKCDROM.SYS /D:CD001

OS起動後に自分でコマンド入力してもいいですが、autoexec.batに記述しておきます。QドライブがCDドライブという指定となります。

C:\DRIVERS\MSCDEX.EXE /D:CD001 /L:Q

再起動して確認します。エラーが発生しました。

Not enough drive letters available

autoexec.batにあるドライブを指定するオプションを削除するか、config.sysに次のことを記述して再起動します。

lastdrive=Z
PC-DOS(MS-DOS)でCDを認識させます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました